おまかせの概念

「おまかせ」とは、自分の意思や判断を他人に一任する、ということ。

お客様がこれから召し上がる大切なお食事を、私ども作り手におまかせ頂く、それがおまかせの基本です。料理長はお客様からおまかせ頂いた範囲のなかで最高の献立をご用意すべく、チーム一体となって仕事に努めます。

料理長にお客様のお食事を一任して頂くため、自由に選べるお品書きはありません。

おまかせ料理は、日本人だけでなく、シンガポールのビジネスコミュニティにも、メニューを選ぶ煩わしさのないコンセプトとして浸透しています。何が出るか分からない献立との嬉しい出会いも、楽しみのひとつ。

hachiでは、日本から直送される食材でその季節の最高のものだけを常にご提供できるよう、献立を料理長に御一任頂きます。

料理長の手仕事は単なる料理の域を超えたパフォーマンスであり、作り出される一品一品は、舌だけでなく目でもお楽しみ頂けるはずです。

料理長があたかも旧知の友のような雰囲気に包まれて、本格的な和食を頂く。当店ではそんなダイニングエクスペリエンスがご提供できるように努めています。

もし、「生ものが苦手」、「牛肉が食べられない」など、食材に好みや制限のある場合には、お気軽にお伝えください。喜んで献立をアレンジさせて頂きます。

ただし、グループでお越しのお客様による複数のリクエストのご対応には、それぞれの準備のためにサービスまで長めのお時間を頂戴することを予めご了承ください。

自分の好みにあったおまかせ料理の店を見つけるのは、時に難しいものです。Hachiのスタッフ一同、当店がシンガポールにおける貴方のお好みのおまかせ料理店になりますことを、心から願っております。