ご案内

「hachi restaurantのお得意様が、気軽に楽しく食事をするのにちょうど良い、日本らしい居酒屋があるとしたら、どんなところだろう」と私たちは長い間考えてきました。

その思いをシンガポールで忠実に実現させたのが、2013年に100 Tras StreetにオープンしたThe Public Izakaya(大衆酒場)です。

多くの人にご愛顧頂ける、親しみやすくて日本的な居酒屋。ビジネスマンの皆さんに普段使いしていただけるよう、なじみのメニューを取り揃えた居酒屋。

コンセプトはいたってシンプルですが、創業当初からこれまでそのコンセプトを継続するのは至難の業でした。

まず私どもは、東京の新橋や有楽町のような居酒屋集積地のど真ん中に瞬間移動したかのようなメニュー作りに取りかかりました。

またなじみの日本の味をそのまま再現するために、苦心して食材の調達先を開拓しました。

日本の骨董市に何度も足を運び、日本の居酒屋ではよく見る骨董の数々を店内に装飾しました。最後に、日本酒、焼酎、その他日本のお酒を多数そろえて、私どものコンセプトを完結させました。

最高の居酒屋体験をお客様にご提供するにはどうすべきか日々考えた結果、カジュアルな料理店では決して使わない高級食材もメニューに加えました。

今日では1号店から80メートル程離れた16 enggor streetに2号店(the public izakaya 2・大衆酒場2)も構え、hachi groupは合計240の席数を誇る、シンガポール最大の日本居酒屋に成長しました。

日本人5人を含むシェフ一同、タンジョンパガーの両店舗で心から皆さまのお越しをお待ちしております。

the public izakaya by hachi, は日本以外で最高の居酒屋体験が出来る唯一の場所であると、私どもは信じています。